【無料マインドマップ】EdrawMind(エドラマインド)の評判は?MindMeisterと比較

おすすめのマインドマップはEdrawMind

マインドマイスターって無料ではマップが3つしか作れないし動作も遅いよね?
もっといいマインドマップってあるのかな?

Mindmeister(マインドマイスター)でこんな不満を感じてませんか?

もしマップが無制限に作れてサクサク動く、しかも無料のマインドマップがあれば使いたくなりますよね。

そんな方におすすめなのがEdrawMind(エドラマインド)です。

ヒキタニくん

自分もマインドマイスターを使ってましたが、もっといいマインドマップを発見しました!

わたしはマインドマップならEdrawMind(エドラマインド)をおすすめします。

なぜなら実際にMindmeisterと比較してEdrawMindの使いやすさを実感しているからです。

まずは無料版をダウンロードしてEdrawMindを体験しましょう。

\ 無料でサクサク動くマインドマップを体験する!/

期間無制限で使えるよ!

また、この記事では有料ライセンスをお得に購入できるクーポン獲得方法↓も紹介するので最後まで読んでくださいね。

目次

mindmeister(マインドマイスター)残念ポイント7選

Mindmeisterは使いづらい

Mindmeisterを使っているとバグや不具合などの残念なポイントが7つあります。

■Mindmeister7つの残念ポイント

  1. 6行目から左側になる
  2. トピックを「+」で追加後の入力がバグる
  3. 書いた文章が消えることがある
  4. トピックの移動がムズイ
  5. 動作がカクカクする
  6. 無料版は画像の挿入ができない
  7. 無料ではマップが3つしか作れない

こんな症状にストレスを感じたらEdrawMind(エドラマインド)に切り替えましょう。

EdrawMindならストレスなく使えるよ!

\ 無料でサクサク動くマインドマップを体験する!/

期間無制限で使えるよ!

6つ目から左側になってしまう

6行目から左側になってしまう

Mindmeisterは1~5行目までは右側になり6~10行目までが左側に追加されます。

11行目になると右側に戻り5行ずつ左右に振り分けられる仕様なので右側にまとめられません。

EdrawMindなら好きなだけ右側にできるよ!

「+」でトピック追加するとバグる

動作がカクカクするから遅い

トピックを「+」で追加した後にほぼ確実に起きる症状です。

「テキスト」と入力しても「tえきすと」となってしまいます。

いつも打ち直しになるので効率が悪いです!

たまに書いた後にエラーで消える

書いた文字がエラーで消える

たまに起きる現象ですが文字を入力した後にエラーが発生して消えてしまうことがあります。

あまり頻度は多くありませんがせっかく書いた文字が消えてしまっては非効率です。

これはちょっとヒドイですね!

トピックの移動がムズイ

トピックの移動が難しい

Mindmeisterはトピックをドラッグして移動するのが難しいので思った場所に移動ができません。

何度も繰り返しているうちにどこかに飛んで見失ってしまうことも。

上手く移動できず時間ばかりかかってしまいました。

動作がカクカクする

動作がカクカクするから遅い

画面の拡縮や移動をする際にどうしても動作がカクカクしてしまいます。

Mindmeisterを使っているほとんどの方が思っているのではないでしょうか?

EdrawMindならサクサク動いて使いやすいよ!

無料版は画像の挿入ができない

無料版では画像の挿入ができない

Mindmeisterは無料版だと画像の挿入ができません。

有料版なら可能ですが思ったところに画像を挿入するのが難しい仕様です。

EdrawMindなら無料でも5枚まで挿入できるよ!

無料ではマップが3つしか作れない

無料で作れるマップは3つまで

無料版のMindmeisterで作れるマップの数は3つまでです。

それより多く使いたい場合は有料版へ切り替えるか上書きするしかありません。

マインドマップは思考の整理など色んなことに利用するので3つで足りない方がほとんどでしょう。

EdrawMindなら無料版でも無制限にマップが作れます!

EdrawMind(エドラマインド)おすすめポイント5選

おすすめポイント5つ

EdrawMind(エドラマインド)のおすすめポイントは5つあります。

  1. 無料版でもマップが無制限に作れる
  2. 動作が軽くサクサク動く
  3. バグが少ない
  4. 買い切りタイプがある
  5. 割引きクーポンが使える

EdrawMindの無料版をダウンロードしておすすめポイントを体験しましょう。

\ 無料でサクサク動くマインドマップを体験する!/

期間無制限で使えるよ!

無料でもマップが無制限

2023年11月現在、EdrawMind(エドラマインド)は無料版でもマインドマップを無制限で作れます。

Mindmeisterは無料版では3つまでしかマップが作れません。

無制限にマップが作れるEdrawMindがおすすめです!

動作が軽くサクサク動く

EdawMindはサクサク動く

EdrawMind(エドラマインド)はトピックの移動や追加がスムーズにできます。

自分の思った通りの場所へ正確に移動できるので作業効率が段違いです。

動作がなめらかだからストレスになりません。

バグが少ない

EdawMindはバグが少ない

EdrawMind(エドラマインド)は文字入力のバグが発生しないのでストレスなくタイピングできます。

Mindmeisterのようにトピック追加直後やバックスペース消去でバグが発生することはありません。

打ち直しが多いとストレスになります!

買い切りタイプがある

EdawMindは買い切り版がある

EdrawMind(エドラマインド)のプランははサブスク版だけでなく買い切り版もあります。

Mindmeister(マインドマイスター)はサブスク版のみなので買い切り版はありません。

買い切り版の方がお得です!

割引きクーポンがある

EdawMindはクーポンがある

EdrawMind(エドラマインド)はお得なクーポンがあり最大25%OFFで購入できます。

Mindmeisterの月額700円で1年間利用するよりお得になるのでおすすめです。

クーポンを使えば永久ライセンスが8,175円で買えるよ!

クーポンの獲得手順はEdrawMindクーポン情報⇩で詳しく解説しています。

EdrawMind(エドラマインド)のデメリットは?

EdawMindのデメリットは?

私が実際に使って感じたEdrawMind(エドラマインド)のデメリットは3つです。

  1. 絵文字が使えない
  2. 無料は画像挿入が5枚まで
  3. トピックが作れるのは100個まで

ですが、どのデメリットも不便には感じない程度の制限です。

普通に使っている分には不満はありませんでしたよ。

どうしても不便に感じる場合は有料版へのアップグレードを検討しましょう。

\ 制限なしのEdrawMindを使う /

有料プランはクーポンがあるよ!

絵文字が使えない

EdawMindは絵文字が使えない

Mindmeister(エドラマインド)では絵文字が使えますがEdrawMindでは絵文字が使えません。

ですが絵文字が必要な場面はそう多くないので必須の機能ではないでしょう。

絵文字はあまり気にしなくてもいいのでは?

無料版は画像挿入が5枚まで

EdawMindは画像挿入できるのは5枚まで

EdrawMind(エドラマインド)の無料版では画像挿入の制限が5枚までとなっています。

どうしても5枚以上の画像を使いたい場合は有料版への切り替えが必要です。

私は画像を使わないので無料版でも十分でした。

トピックが作れるのは100個まで

EdawMindで挿入できるトピック数は100個まで

EdrawMind(エドラマインド)の無料版は1つのマインドマップで使えるトピック(ノード)数は100個までです。

大規模なマインドマップを作るには複数のマインドマップに分けて作る必要があります。

トピック数は画面の右下で確認できるよ!

EdrawMind(エドラマインド)のクーポン情報

EdawMindのクーポン情報

EdrawMindの有料ライセンスを購入するならクーポンを利用してお得に購入しましょう。
※時期により15〜25%の変動があります。

クーポンを使えば最安値で購入できます。

\ クーポンを使ってEdrawMindをお得にゲット!/

25%OFFで購入できるよ!

STEP

EdrawMindのサイトにアクセスする

Edraw Mind(エドラマインド)の25%OFFクーポンは公式サイトを経由しないともらえません。

まずはWondershare(ワンダーシェア)公式のEdrawMindサイトにアクセスしましょう⬇️

\ 5ステップでクーポンを獲得する!/

25%OFFでお得に!

ボタンをクリックして公式サイトにアクセスしてね⬆︎

EdrawMindの公式サイトにアクセスする

EdrawMind(エドラマインド)のサイトに入ると『無料体験』と『今すぐ購入』が表示されます。

STEP

「今すぐ購入」をクリックする

今すぐ購入をクリックする

今すぐ購入」をクリックしましょう。

STEP

購入するライセンスを選ぶ

EdawMindのおすすめは永久ライセンス

ライセンスは3種類あります。

おすすめは買い切り版の永久ライセンスです。

STEP

購入しないで3日待つ

3日間待つ

注文画面になってもまだ購入してはいけません。

このまま画面を閉じて3日間待ちましょう。

STEP

メールにクーポンが届く

25%OFFクーポンがメールに届く

注文を途中で放置するとメールがお得なクーポンが届きます。

  • 1日目・・・20%OFFクーポンが届く
  • 3日目・・・25%OFFクーポンが届く

1日目で20%OFFクーポンは利用しないであと2日ほど待ちましょう。

3日間目あたりで25%OFFクーポンが届くので『注文を完了する』をクリックしましょう。

EdrawMindが8,175円で買える

注文画面の値段が25%OFFの8,175円になっているのが分かります。

後は決済方法を選択して購入しましょう。

有効期限は14日なので期限内に購入してね。

\ クーポンを使ってEdrawMindをお得にゲット/

25%OFFで購入できるよ!

EdrawMind(エドラマインド)のメリット5選

EdrawMindのメリット

EdrawMind(エドラマインド)は低コスパなマインドマップですが多くのメリットがあります。

ここではEdrawMindのメリットを5つ紹介します。

EdrawMindメリット5選
  1. 直感的なインターフェースが使いやすい
  2. テンプレートが豊富
  3. 複数のプラットフォームで使える
  4. 複数のユーザーで同時に編集できる
  5. エクスポート(保存)形式が豊富

有料プランを購入する前にメリットを確認しましょう。

無料版をダウンロードすれば体験できるよ。

\ 無料でマインドマップを体験する /

無料期間が無制限だから安心してお試しできます!

直感的なインターフェースが使いやすい

EdrawMind(エドラマインド)はとても使いやすいインターフェースが人気です。

初めて使う場合でも直感的な操作なので簡単にマインドマップを作れます。

MindMeister(マインドマイスター)よりもバグが少ないので使いやすいマインドマップです。

MindMeisterとの違いは別記事を参考にしてください。

テンプレートが豊富

EdrawMind(エドラマインド)には多様なテンプレートが用意されています。

さまざまな目的や業種に合わせてマインドマップを簡単にマンドマップをカスタマイズできます。

ビジネスの計画や人生の価値観マップ、教育用のプロジェクト管理など用途に合わせてテンプレートを使いましょう。

ゼロからデザインするより効率的にマインドマップが作れます。

複数のプラットフォームで使える

EdrawMind(エドラマインド)はどのデバイスを使用していてもアプリケーションをインストールしたパソコンで利用できます。

パソコン、タブレット、スマートフォンからのアクセスに対応しているため外出先で異なるデバイスでも作業可能です。

Windows版やMac版にも対応しているのでOSの違いも気にせず使えます。

もちろんAndroidやiphoneにも対応しているので安心です。

複数のユーザーで同時に編集できる

EdrawMind(エドラマインド)は複数のユーザーが同時に編集できるのでチームでも利用できます。

買い切り版は1アカウントでパソコン3つまで使えるのでリモートでのチーム作業も可能です。

複数のスタッフでアイディアを出し合いながらフィードバックして作業を進めましょう。

3人以上や法人で利用する場合はチーム向けプランがおすすめです。

エクスポート(保存)形式が豊富

EdrawMind(エドラマインド)で作ったマインドマップはさまざまなフォーマットでエクスポート(保存)可能です。

もちろんMicrosoft(マイクロソフト)のファイル形式にも対応しています。

EdrawMindの対応形式
  • PDF
  • Word
  • Excel
  • PowerPoint

プロジェクトやプレゼンのレポート作成も用途に合わせたファイル形式で保存できるので多目的に活躍します。

たくさんのファイル形式に対応しているので安心です。

EdrawMind(エドラマインド)のデメリット5選

EdrawMindのデメリット5選

EdrawMind(エドラマインド)コスパや使いやすさで人気のマインドマップです。

デメリットは以下の5つを紹介します。

EdrawMindデメリット5選
  1. 無料版で使える機能は一部
  2. 無料版には透かしが入る
  3. 全ての機能を使いこなすのが大変
  4. セキュリティへの懸念がある
  5. オフライン時に共有ができない

EdrawMind(エドラマインド)の有料プランを購入する前にデメリットも確認するのがおすすめです。

実際に無料版をダウンロードしてEdrawMindを体験しましょう。

\ 無料でマインドマップを体験する /

無料期間が無制限だから安心してお試しできます!

無料版で使える機能は一部

無料版のEdrawMind(エドラマインド)では全ての機能が使えるわけではありません。

使用できるテンプレートの数やマインドマップの保存オプションに制限があります。

全ての機能を利用したいなら有料プランに切り替えましょう。

有料プランと無料版の違いについては別記事を参考にして下さい。

無料版には透かしロゴが入る

無料版EdrawMind(エドラマインド)でエクスポート(保存)したファイルには透かしロゴが入ってしまいます。

透かしが入ったファイルでは職場やクライアントワークでは利用できません。

機能を体験するのが目的の無料版で試してから有料プランに変更するのがおすすめです。

無料版で満足できたら有料版に変更しましょう。

全ての機能を使いこなすのが大変

EdrawMind(エドラマインド)は多機能なので全ての機能を習得するのは大変です。

特に複雑な機能やカスタマイズオプションが豊富なため初心者では全て使うには無理があります。

初心者は基本的な操作から始めて徐々に慣れていくのが良いでしょう。

全部の機能を使わなくても十分マインドマップが作れます。

セキュリティへの懸念がある

EdrawMind(エドラマインド)は中国企業のWondershare(ワンダーシェア)社の製品です。

中国の会社のソフトということで一部のユーザーにセキュリティ面で不安を感じる声もあります。

ですがWondershare製品は全て安心です。

Filmora(フィモーラ)やDemoCreator(デモクリエイター)など世界で数千万人のユーザーが使われています。

ヒキタニくん

自分も10年以上Wondershare製品を使ってるけど問題ないッス!

オフライン時に共有ができない

EdrawMind(エドラマインド)はクラウドベースを使っているのでオフライン上では共有することができません。

インターネット接続ができない場合は作業が限定的になってしまいます。

リアルタイムで共同作業をするならオンライン環境が不可欠です。

EdrawMindはオンライン環境で利用しましょう。

EdrawMind(エドラマインド)のよくある質問

EdrawMindのよくある質問

最後にEdrawMind(エドラマインド)のよくある質問を紹介します。

EdawMind(エドラマインド)のよくある質問は以下の5つです。

EdawMindのよくある質問
  1. 無料版と有料版の違いは?
  2. 複数のパソコンで使えるの?
  3. マインドマイスターとの違いは?
  4. 評判はどう?
  5. おすすめのプランは?

後悔しないためにも、よくある質問を確認してから有料プランを購入するのがおすすめです。

とりあえずEdrawMind(エドラマインド)を試してみたい方は無料版をダウンロードしましょう。

\ 無料でマインドマップを体験する /

無料期間が無制限だから安心してお試しできます!

体験版をダウンロードすれば無料でマインドマップを作れます。

EdawMindの無料版と有料版の違いは?

追加できるトピック数や機能が大きく違います。

EdrawMind(エドラマインド)の無料版では100のトピックしか追加できませんが、有料版では無制限で追加が可能です。

他にも無料版では使用できるクリップアートの数に制限があったり「カスタムテーマ」や「虹の色と手描きのスタイル」などの機能を使用することができません。

また、無料版はエクスポートの際にウォーターマークと呼ばれる透かしロゴが入ることも大きな違いのひとつです。

複数のパソコンで使えますか?

はい。1アカウントで3台まで使えます。

EdrawMind(エドラマインド)は、一番安価なプランでも最大3台のPCで使用することが可能です。

ただし複数のユーザーで使用する場合にはチーム向けプランが推奨されています。

チーム向けプランでは最大で20人での使用が可能です。

マインドマイスターとの違いは?

契約プランや無料版で使える機能が大きく違います。

EdrawMind(エドラマインド)は1年間プランもしくは永続ライセンスがあるのに対し、MindMeister(マインドマスター)は月単位のサブスクプランのみになります。

また、EdrawMindの無料版ではマップ作成数が無制限であるのに対し(ただしトピック数に制限あり)、MindMeisterの無料版では3つまでしかマップを作ることができません。

EdrawMindの評判はよい?

機能や使い勝手に満足している声が多く寄せられています。

EdrawMind(エドラマインド)のデザインについてはシンプルかつスタイリッシュで心地よく、ユーザーインターフェースも優れているという声が多かったです。

また画像やPDFも関連付けられる機能などが便利で、頭の中の整理をするのにとても役立つとのことでした。無料版で十分に使えるという意見も多数あります。

マインドマイスターよりバグが少ないという声もあるので気になる方は無料版をダウンロードしてお試ししてみてください。

おすすめのプランは?

使用する期間によってオススメするプランが異なります。

EdrawMind(エドラマインド)の1年間プランは1回あたりのお支払い金額も安価です。

永続ライセンスは、買い切りのため長期的に使う予定の方におすすめです。

ただし、今後ナンバリングの主要な桁が変わる大型メジャーアップデート(例:ver11.00→12.00等)が行われ新バージョンを使いたい場合には、それに対応する永続ライセンスが新たに必要になります。

メジャーアップデートはクーポンを利用できるので1年間プランを毎年購入するよりも買い切り版の方がコスパがよいです。

まとめ:マインドマップはEdrawMind(エドラマインド)

おすすめのマインドマップはEdrawMind

今回はWondershareのマインドマップ、EdrawMind(エドラマインド)とMindmeister(マインドマイスター)を比較してみました。

無料版、有料版問わずおすすめはEdrawMind(エドラマインド)断然おすすめです。

EdrawMind(エドラマインド)
Mindmeister(マインドマイスター)
  • バグが少ない
  • サクサク動く
  • 無料でもマップ無制限
  • 文字入力でバグ
  • 動作がカクカクする
  • 無料版はマップ3つまで

EdrawMindの有料買い切り版は10,900円(税込)ですが25%クーポンを使えば8,175円で購入できます。

クーポンを使ってお得に購入しましょう。

\ クーポンを使ってEdrawMindをお得にゲット!/

25%OFFで購入できるよ!

目次