【Filmora12】AI機能でオリジナル画像を生成しよう!動画編集ソフト!

AI画像生成機能をつかおう
Filmoraの画像生成できる最新AI機能を詳しく解説!

この記事でWondershareの動画編集ソフトウェアFilmoraの最新バージョンに搭載された最新のAI画像生成機能について紹介します。

FilmoraのAI機能を使えば高度な動画編集も簡単に作れます。

  • モザイクをオブジェクト(対象)に追従させる
  • 動画の人物だけを切り抜く
  • ノイズを除去して音声をクリアに

最近ではchatGPTを皮切りにAIを使った機能が注目され、SNSや動画編集の世界でもAI機能がないと物足りなくなってきました。

Wondershare製品のFilmoraは初心者にも使いやすい動画編集ソフトとして有名ですが、最近はアップデートの度に新機能が搭載され特にAI機能が増えています。

実際に10年以上、Filmoraを使ってYouTubeに動画をアップしてきましたが操作が簡単で、エフェクト機能やサービスも充実していると実感。

永年ライセンスは8,980円と、やはりFilmoraはコスパ最強の初心者向け動画編集ソフトです。

ヒキタニくん

コスパと動画編集機能で選ぶならFilmoraの一択っス!

まだFilmoraをお持ちでない方は無料版をダウンロードして動画編集を体験しましょう!

\ Filmoraを無料で体験する! /

\ 公式サイトで詳細をみる! /

目次

AIで画像生成できるFilmoraの最新機能とは

FilmoraのAI画像生成機能
FilmoraのAI画像生成機能について

FilmoraのAI画像生成機能はテキスト情報(プロンプト)を元に自動でオリジナルの画像を作ることができます。

FilmoraのAI画像生成機能の特徴
  • テキスト情報(プロンプト)からAIが自動で画像を生成
  • 1日20回まで利用可能
  • アスペクト比(画像の比率)は3種類
  • 画像のスタイル(画風)は8種類
  • 数秒でAIが画像を生成してくれる
  • Filmoraが旧バージョンだと使えない

回数に制限があり1日20回までですが、使い切っても翌日には利用可能回数が20回に戻ります。

AI画像生成機能はWindows版なら12.3.7以降、Mac版なら12.3.3以降のバージョンでないと利用できません。

変更できるアスペクト比は『16:9』と『9:16』と『1:1』の3パターンです。

AIで生成する画像のスタイル(雰囲気)も8種類の中から選択できます。

  1. フリースタイル
  2. 手描き
  3. サイバーパンク(人間と機械の融合したイメージ)
  4. ACG(アニメーション、コミック、ゲーム風)
  5. ファン・ゴッホ
  6. CGI(コンピューターグラフィック風)
  7. 水彩画
  8. 未来的

指定の場所にプロンプトを入力すると1日20回までAIが自動でオリジナル画像を生成してくれます。

FilmoraのAI画像生成スタイル8パターン
FilmoraのAI画像生成スタイルは8パターン
ヒキタニくん

1日20回なので期限内に限界まで使い倒すっス!

FilmoraのAI画像生成の使い方

それではFilmoraのAI画像生成機能を使って画像を生成する方法を解説します。

Filmoraの新規プロジェクトを起動したら『メディアタブ』の中にある『AI画像』のボタンをクリックしましょう。

Filmoraの『AI画像』をクリックする
Filmoraの『AI画像』をクリックする

読み込みに数秒かかるので少し待ちます。

読み込みに数秒かかる
読み込みに数秒かかる

読み込みが終わると『AI画像』の編集画面が表示されます。

左上の欄にプロンプトを入力して生成してもらいたいイメージを具体的に細かく伝えましょう。chatGPTのコピーライティングを頼るのもおすすめす。

■プロンプト入力コツ

  • 被写体の雰囲気を伝える・・・太った、かわいい、強そうなど
  • 背景の様子や明るさも伝える・・・明い/暗い、色など
  • 全体の構図やスタイルを伝える・・・正面/横顔、絵画みたいになど

①プロンプトを入力したら②アスペクト比を選択して③画像のスタイルを選択④『作成を開始』の手順で進めるとAIがオリジナル画像の生成を始めます。(画像のスタイルは『フリースタイル』を選択しました。)

プロンプトを入力したらアスペクト比とスタイルを選択する
プロンプトを入力したらアスペクト比とスタイルを選択する

『作成を開始』をクリックすると10秒ほどでAIが画像を生成してくれます。

10秒ほどで画像を生成してくれる
10秒ほどで画像を生成してくれる

実際に生成された画像がこちら↓

FilmoraのAI画像生成機能で作成した実際の画像
FilmoraのAI画像生成機能で作成した実際の画像

『猫』と入力したのになぜか人の顔の画像が生成されてしまいました。

ヒキタニくん

イメージと違った場合は再チャレンジするっス!

画像を保存する場合は右下にあるダウンロードのボタンをクリックします。

保存する場合は右下のダウンロードボタンを押す
保存する場合は右下のダウンロードボタンを押す

すると、すぐにダウンロードが始まります。

AI生成画像をダウンロードする
AI生成画像をダウンロードする

ほんの数秒でダウンロードが終わりメディアにAI画像が保存されます。

AI生成画像のダウンロード完了
AI生成画像のダウンロード完了

ダウンロードした画像はタイムラインにドラッグ&ドロップして使用します。

FilmoraのAI画像生成機能は、ストックしている素材の中にイメージと一致するものがない時や、これまでにない画像を使いたいときに活躍します。

お気に入りの画像が生成出来たら編集してエクスポートしましょう。

エクスポートについては【Filmora】動画の出力(エクスポート)の出力形式と設定について徹底解説を参考にしてください。

FilmoraのAI画像生成のコツは3つ

前述した通り、AI機能を使っての画像生成は簡単にできます。

ですが、画像生成は簡単にできても理想の画像を生成するのは意外と難しく、思い通りの画像生成を行うにはある程度の練習とコツが必要です。

そこで理想的な画像生成のコツを2つ紹介します。

■理想の画像を生成する2つのコツ

  • 英語で入力する
  • 最適な単語で入力する
  • 少しずつ修正していく

実際に、前の項目で生成した画像を実際に2つのコツを反映させた場合、どのように変化するのか試してみるので参考にしてください。

改善前・・・日本語で入力
改善後・・・英単語で入力
  • 赤茶のトラ柄の猫
  • ふわふわ
  • シッポが長い
  • ジャンプ
  • 満月の夜
  • 正面を向いている
  • 神秘的
  • 絵画
  • Red-brown(赤茶)
  • tiger-striped cat(トラ柄の猫)
  • fluffy(ふわふわ)
  • long tail(シッポが長い)
  • jump(ジャンプ)
  • full moon night(満月の夜)
  • facing forward(正面を向いている)
  • mysterious(神秘的)
  • painting(絵画)

言語を日本語から英単語に変換する場合はchatGPTやグーグル翻訳を使うと簡単に変換できるのでおすすめです。(今回はchatGPTを使いました)

英単語への変換はchatGPTを使用
英単語への返還はchatGPTを使用

chatGPTで変換した英単語をFilmoraの『作成する画像の説明』に貼り付けます。

コピーしたテキストの貼り付けは「左クリック」での「貼り付け」でペーストできませんが、①「Ctrl+V」で貼り付け可能です。

貼り付けができたら②『作成を開始』をクリックしましょう。

『Ctrl+V』でテキストを貼り付ける
『Ctrl+V』でテキストを貼り付ける

この条件で生成した画像がこちら↓

英単語のテキストで生成した画像
英単語のテキストで生成した画像

何かが違う、、猫じゃなくてトラになってしまいました。

ヒキタニくん

英単語のtiger-striped cat(トラ柄の猫)が良くなかったのかもっス!

1日20回目で利用できるので修正しながら再チャレンジします。トラ柄は英語にすると『tiger-pattern』ともなるので試してみます。

再チャレンジした画像がこちら↓

再チャレンジで生成した画像
再チャレンジで生成した画像

なぜかトラ、、、

ヒキタニくん

なんでやねん!!

この後、『cat』を前に持ってきたりと数回試しましたが『tiger』の単語が入っていると、どうしてもトラになってしまうようです。

結局『tiger』を抜いて生成した画像がこちら↓

tigerを抜いて生成した画像は猫になった
tigerを抜いて生成した画像は猫になった

今度はトラ柄のシッポの長い猫の画像の生成に成功しました。

このように1回でイメージした画像が生成できなくても、少しずつ単語を修正すればイメージに近づけることができます。

ヒキタニくん

英単語で分かりやすくテキストを入れて、数回チャレンジするといいっス!

FilmoraでAI画像生成機能の注意点

FilmoraのAI画像生成は便利な機能ですがいくつかの注意点を紹介します。

条件によっては時間を空ければ使えるようになったり、設定上の問題で利用できないので注意しましょう。

1日に20回までの制限がある

FilmoraのAI画像生成機能には1日20回までの回数制限があり、20回を超えた場合は翌日にならないと使用できません。

AIの画像生成回数が残り1回
AIの画像生成回数が残り1回

20回の回数制限を使い切ってしまうと、次からは『無料の作品を全て使用しました。総数は明日リセットされます』と表示され生成ができなくなってしまいます。

AI画像生成の回数を使い切ると翌日まで使えない
AI画像生成の回数を使い切ると翌日まで使えない

日付が切り替わると利用できるようになるので安心してください。

ヒキタニくん

1日20回でもオリジナル画像を作るには十分っス!

旧バージョンでは使えない。

FilmoraのAI画像生成機能はWindows版では12.3.7以降、Mac版なら12.3.3以降のバージョンで利用できます。

どちらのOSも2023年8月現在で最新バージョンなので、旧バージョンの場合は利用できません。

まだ最新バージョンへのアップデートをしていない方は【費用はかかる?】Filmora12にする手順とアップデートの種類と確認方法を参考にして最新版にアップロードしましょう。

ヒキタニくん

Filmora12なら無料でアップデートできるっス!

ご自身のFilmoraのバージョンを確認する方法はFilmoraの編集画面のツールから『ヘルプ』から『アップデートを確認』で確認できます。

Filmoraのバージョンを九人する方法
Filmoraのバージョンを確認する方法

ライブアップデートの画面が表示され、今使っているFilmoraのバージョンが分かります。

Filmoraの現在のバージョンを確認
Filmoraの現在のバージョンを確認
ヒキタニくん

アップデートする方法がわからない方は別記事で詳しく解説しているっス!

アップデート方法の解説記事⇒【費用はかかる?】Filmora12にする手順とアップデートの種類と確認方法

最新版FilmoraのAI機能を3つ紹介

最新バージョンのFilmora12には今回紹介したAI画像生成機能以外にもたくさんのAI機能が充実しています。

おすすめのFilmoraのAI機能は以下の3つです。

どのAI機能も便利でよく利用するので、どれも早めに覚えておきたい編集機能です。

AIスピーチエンハンスメントでノイズ除去

FilmoraのAIスピーチエンハンスメント
FilmoraのAIスピーチエンハンスメント

Filmoraには自動でノイズを除去できる機能が備わっています。

動画を撮影していざ内容を確認してみたら雑音(ノイズ)が多く、肝心の音声が聴こえづらいとガッカリしてしまうことも。

そんな時にFilmoraのAIスピーチエンハンスメントを使えば、暴風の音や強くかかった反響音(リバーブ)を除去してくれます。

動画撮影後でも雑音(ノイズ)を除去できるAIスピーチエンハンスメントはとても便利なおすすめ機能です。

モーショントラッキングでモザイク追従

Filmoraのモーショントラッキング機能
Filmoraのモーショントラッキング機能

Filmoraにはオブジェクト(対象)にテキストやモザイクを追従させるモーショントラッキング機能があります。

モーショントラッキング機能を使えば、動いている人や動物、車やバイクなどをAIが自動で追従設定してくれるので便利です。

動いている人の顔や車のナンバープレートを隠したい場合は、このモーショントラッキング機能が大活躍します。

最新バージョンのFilmora12ではさらに追従の精度が上がったので、より安心してプライバシーが守られた動画づくりができるようになりました。

AIポートレートで人物を切り抜き

FilmoraのAIポートレート機能で人物切り抜き
人物を切り抜くならAIポートレート

Filmoraには動画や画像の背景を除去して人物だけを切り抜くことができるAIポートレート機能が備わっています。

AIポートレート機能を使えば人物だけを切り抜けるので、他の動画や画像の上に重ねて背景を変更できるのでオリジナルの動画を作るのに大活躍です。

例えば自分の画像を切り抜いて他の画像と組み合わせてオリジナルのアイキャッチ画像を作ることもできます。

FilmoraのAIポートレート機能を使って自分だけのオリジナル動画を作りましょう。

Filmoraでオリジナル画像を生成しよう

今回はWondershare(ワンダーシェア)Filmora(フィモーラ)の最新バージョン12から追加されたAI画像生成機能を紹介しました。

AI画像生成機能があればオリジナルの画像が簡単に生成できます。

■FilmoraのAI画像生成機能はこんな時におすすめ

  • 自分の手持ちの画像に飽きた
  • 自分だけのオリジナル画像が欲しい
  • 面白い画像を作ってみたい

使い易いだけでなく、AI機能などの便利機能もどんどん追加されていくFilmoraは初心者向けのコスパ最強の動画編集ソフトです。

FilmoraではAI機能を使って簡単にクオリティの高い動画を編集可能です。

この記事で紹介したAI画像生成機能のほかにもトリミングやクロップ機能もFilmoraなら無料で体験できます。

\ Filmoraを無料で体験する! /

\ 公式サイトで詳細をみる! /

ヒキタニくん

まだFilmoraをお持ちでない方は早速ダウンロードするっス!

Filmoraをお得に購入する方法を紹介

最後にFilmoraをさらにお得に購入する方法を2つ紹介するのでFilmoraを購入する前に絶対にご確認ください。

Filmoraをさらにお得に購入する方法
  1. LINE公式サイトで500円OFFクーポンをゲットする
  2. カートに入れて放置すると20%OFFクーポンが届く
ヒキタニくん

どうせ買うならさらにお得に購入するっス!

年間ライセンス(サブスクリプション)か永年ライセンス(買い切り版)で迷った際は以下の記事を参考にしてください。

【Filmora】サブスク版より買い切り版がお得!最適プランを徹底解説!

LINE公式サイトで500円OFFクーポンをゲットする

Filmoraは永年ライセンスが8,890円と動画編集ソフトの中ではコスパ最強ですが、LINE公式サイトでFilmoraをお友達登録をするとなんと500円OFFクーポンがもらえます。

詳しくは【2023年最新】Filmoraの500円クーポンをGET方法を5ステップで解説をご覧ください。

最安値!カートに入れて放置すると20%OFFになる

次に紹介するのはカートに入れて数日放置するとメールで15%OFFと20%OFFクーポンが届くというものです。

購入したいライセンスをカートに入れたままにしておくと、Filmoraに登録しておいたメール宛に割引クーポンが届きます。

そのメールからリンクを踏んで購入すると最大20%OFFで購入可能です。

ヒキタニくん

現在確認できている中ではこの方法が最安値の購入法っス!

詳しくは2023年最新【20%OFF】Filmoraをお得に買えるクーポンの入手方法とは?をご覧ください。

Filmora購入時に注意すべきこと

Filmoraを購入する際に気をつけたいのが『エフェクト&プラグイン7日間無料体験』の自動更新設定です。

年間ライセンスか永年ライセンスかを選択する画面で、この『エフェクト&プラグイン7日間無料体験』のレチェックを外さないで8日目を迎えると追加料金1,999円/月が発生します。

別記事のFilmoraで追加請求!?エフェクトプラグイン自動更新停止法と必要かを解説でレチェックを外す方法と外し忘れた時の対処法を詳しく解説しているので参考にしてください。

目次